頼れるマンション管理会社が勢揃い|オーナーさん必見

積み木

利益を上げる不動産取引

住宅模型

物件の立地条件と生活環境

不動産投資は株式や債券と比べて、投資金額の膨らみやすいことが特長の一つです。また、東京オリンピックのような大きなイベント会場に関係する人気スポットであれば、地価の変化が大きいため、売買時期次第で売買金額が大きく変化します。しかしながら、低成長経済の続いている時代に土地需要が盛り上がる事情が起こらない限り、一般的には価格変動が少ないはずです。従って不動産投資で利益を得ようとすると、地価変動のある人気の地域で安く購入して高い価格で売却するとその差額でキャピタルゲインを得られます。また売買以外には不動産を購入して賃貸事業を行い、長期間かけてかかった費用を回収する投資方法もあります。但し、長期にわたって賃貸物件の入居率を高く維持することが必要です。そのため購入する段階で入居者が入居したがる立地条件や、生活環境を備えた物件を見つけることが必要不可欠です。

相場観磨きが重要な投資

オーナーのなかには賃貸事業を始めても、賃貸料の値下げや初期費用の割引等をしながら入居者を確保している方もいるでしょう。そうならないためには、賃貸事業を始める前にシミュレーションを行うことが大切です。表面利回りを把握しても住宅ローン融資を受けて事業を行う場合には、賃貸料収入が減ってもローン返済が滞らないよう、余裕を見込んでおくことが必要です。特に、人口減少や少子化の影響が年々続いている現状では、さらなる工夫が必要になります。不動産投資する場合、物件の売買では将来的に地価の上がる地域や、首都圏を中心とする3大都市圏に限定されると考えておいたほうが無難でしょう。また賃貸に出す場合でも、将来的に賃貸料を値上げできるかは未定と言われています。また、建物の形態もマンションや戸建て、アパートごと、新築や中古物件ごとに立地条件や生活環境等の仕様が同一ではありません。これは一品一葉のものですから、不動産投資は相場観を磨くことが重要です。

Copyright © 2017 頼れるマンション管理会社が勢揃い|オーナーさん必見 All Rights Reserved.